被害者側のメリット

交通事故の被害者になってしまった際、慰謝料や損害賠償は加害者側の保険会社から支払われる、というのは前述した通りです。この保険会社というのが弁護士に相談した方が良い最大の理由になってきます。

保険会社が支払おうとする額は基本的には最低限のものになります。理由は当然、多くの利益を上げなくてはならないからです。賠償金等の支払いというのは保険会社にとっては出費というだけでなんの旨味もないため低い額で済ませようとするのです。これは別に保険会社が悪い、という訳ではなく会社として当然の行動なのですが、被害者としては納得できるものではありません。ですので、弁護士に相談し保険会社相手の交渉に臨んでもらうのです。そうした交渉は被害の程度を過去の事例などと照らし合わせて行われますが、そうした作業は弁護士の得意とする事です。安心して任せることが出来るでしょう。そもそも弁護士に払われる報酬も、報酬からの割合で決まる事も多いので弁護士と依頼者は利害が完全に一致しているのです。その為、出来る限り高い額が支払われるように動いてくれます。

このように、弁護士は依頼者側の味方となり、データを集め交渉してくれます。弁護士に依頼するのとしないのでは支払われる額は雲泥の差になるでしょう。

Pocket