加害者側のメリット

もしもあなたが交通事故を起こしてしまったなら。加害者として被害者への誠心誠意の対応は当然ですが、もしそれが大きな事故になってしまい刑事事件に発展するような場合、弁護士の力を借りずに乗り切るのは不可能です。

加害者となってしまったからには被害者に対しての謝罪や、罪を償っていかなくてはなりません。けれど、それでもその先も人生は続いていきます。弁護士に相談し示談などを行うことで、行政処分や刑事処分を軽くする事が出来るかもしれません。また賠償額等もなるべく少なくする交渉を行ってくれるので、任意保険に加入していない場合は大変助かる事になります。人身事故などを起こしてしまった場合は免許の停止や取り消しといった処分が与えられる可能性があります。仕事で車を使わなくてはならない方にとっては死活問題になり得るものです。こうした事も弁護士への相談で処分が軽くなる事もあり得るのです。

このように、交通事故における加害者、被害者双方にとって弁護士への相談という物が重要な事であるというのはお分かりいただけたかと思います。交通事故は一番身近に起こる可能性のある事故ですので、その為の備えとして知識だけでも付けて頂ければ幸いです。

Pocket