加害者側のメリット

もしもあなたが交通事故を起こしてしまったなら。加害者として被害者への誠心誠意の対応は当然ですが、もしそれが大きな事故になってしまい刑事事件に発展するような場合、弁護士の力を借りずに乗り切るのは不可能です。

加害者となってしまったからには被害者に対しての謝罪や、罪を償っていかなくてはなりません。けれど、それでもその先も人生は続いていきます。弁護士に相談し示談などを行うことで、行政処分や刑事処分を軽くする事が出来るかもしれません。また賠償額等もなるべく少なくする交渉を行ってくれるので、任意保険に加入していない場合は大変助かる事になります。人身事故などを起こしてしまった場合は免許の停止や取り消しといった処分が与えられる可能性があります。仕事で車を使わなくてはならない方にとっては死活問題になり得るものです。こうした事も弁護士への相談で処分が軽くなる事もあり得るのです。

このように、交通事故における加害者、被害者双方にとって弁護士への相談という物が重要な事であるというのはお分かりいただけたかと思います。交通事故は一番身近に起こる可能性のある事故ですので、その為の備えとして知識だけでも付けて頂ければ幸いです。

被害者側のメリット

交通事故の被害者になってしまった際、慰謝料や損害賠償は加害者側の保険会社から支払われる、というのは前述した通りです。この保険会社というのが弁護士に相談した方が良い最大の理由になってきます。

保険会社が支払おうとする額は基本的には最低限のものになります。理由は当然、多くの利益を上げなくてはならないからです。賠償金等の支払いというのは保険会社にとっては出費というだけでなんの旨味もないため低い額で済ませようとするのです。これは別に保険会社が悪い、という訳ではなく会社として当然の行動なのですが、被害者としては納得できるものではありません。ですので、弁護士に相談し保険会社相手の交渉に臨んでもらうのです。そうした交渉は被害の程度を過去の事例などと照らし合わせて行われますが、そうした作業は弁護士の得意とする事です。安心して任せることが出来るでしょう。そもそも弁護士に払われる報酬も、報酬からの割合で決まる事も多いので弁護士と依頼者は利害が完全に一致しているのです。その為、出来る限り高い額が支払われるように動いてくれます。

このように、弁護士は依頼者側の味方となり、データを集め交渉してくれます。弁護士に依頼するのとしないのでは支払われる額は雲泥の差になるでしょう。

交通事故は弁護士へ

私たちの生活する街には様々な危険が潜んでいます。交通事故もその一つです。利便性が高く、人々の生活にはなくてはならない車ですが、その速度と重量が人間に衝突した時の衝撃は言うまでもありません。また、運転している方も壁などにぶつかった際の衝撃はいくらエアバッグなどの対応策が取られているといっても人体に与えるダメージは大きいでしょう。そうした身体的な怪我の他にも事故にあってしまった場合、それが加害者側であれ被害者側であれそれまでの生活が一変してしまうというのは変わりません。

事故が起きた場合、その加害者側も被害者側もやらなければならない事があります。事故を起こしてしまい被害者が怪我をしているのであればその救護であったり、当然警察への連絡も行わなければなりません。そうした事を終えると今度は慰謝料や損害賠償の交渉に入っていくのですが、通常そうしたものは加害者側の保険会社が支払ってくれるものです。ですが、保険会社は営利目的の会社であるため当然、支払う額は極力低く抑えたいと考えます。被害者側はそれでは納得できません。では、被害者側が加入している保険会社が交渉してくれるのかというと、そうした事はしてくれません。彼らがするのはあくまでも円滑な支払いの完了ですので、そうした交渉はしてくれないのです。では、誰がそうした交渉をしてくれるのかというと、それは弁護士です。弁護士であれば加害者側の保険会社と交渉して望む結果を勝ち取ってくれるでしょう。

交通事故に遭ってしまう可能性は誰にでも等しく平等にあります。交通事故は年間で49万件以上も起きています。この数字を見れば自分は大丈夫、なんて言えないのがお判りでしょう。このサイトでは被害者側、加害者側両方から弁護士に相談することのメリットについて説明します。もしもの時の為の備えとしてお役立てください。